バラ十字会

非宗教・非営利団体であるバラ十字会は、
全世界の87ヵ国に拠点を有し、
23ヵ国語で通信講座の教材をご提供しています。
日本本部公式サイト

バラ十字会の歴史

その17 古代神秘バラ十字会(前半)

クリスチャン・レビッセ

 1909年の終わり頃から1912年にかけて、H・スペンサー・ルイスはバラ十字会を再興するための準備を行っていた。フランスで提供された諸々の文書をもとに、彼は式典と教えを確認した。また彼は、バラ十字思想に関する本を見つけられる限りすべて読んだ。それと同時に、バラ十字運動を復活させようとしていた他の様々な試みを、かなりの疑いを持って注視していた。そのようなものには、たとえば英国バラ十字協会(S. R. I. A.)の活動のようなものがある。S. R. I. A.のアメリカ支部は、フリーメーソン主義から脱却しようとしていたが、指導者のシルベスター・クラーク・グールド(Sylvester Clark Gould)が1909年に没してから混迷に陥ってしまった。同様に神智学協会も困難に直面していて、その会員の多くは協会にバラ十字的な性質をより一層与えようと努め、ある程度の成功をおさめていた。フランツ・ハルトマン(Franz Hartmann, 1838-1912)は、1888年に秘伝主義バラ十字会(the esoteric Rose-Croix)を設立し、しばらく後の1909年には、神智学協会員のカール・ルイ・フォン・グラスホフ(Carl Louis von Grasshoff、別名Max Heindel)がバラ十字友愛会(Rosicrucian Fellowship)を設立した。神智学協会のスイス支部とドイツ支部を指導していたルドルフ・シュタイナー(Rudolf Steiner)でさえ、神智学協会の新しい指導者アニー・ベサントから離れていった。そして1913年にシュタイナーは「人智学協会」(Anthroposophical Society)を組織し、この組織を、バラ十字運動が形を変えて現代に表れたものであると述べた。

 H・スペンサー・ルイスは、自身のライフワークに取りかかった時、まだ29歳という若さであった。そのライフワークとは、バラ十字思想に基づく組織を、フリーメーソンからも神智学協会からも、また他のいかなる組織からも独立して立ち上げるというものであった。彼が職業としていた分野でも進展があり、1912年の初めにルイスは、アメリカン・ヴォルタイト社(American Voltite Company)の広報部門の責任者となった。また『現代科学講座』(The Modern School of Science)といった記事も執筆し、この記事は1912年の10月に発行されたアメリカ・フィロマシック協会(American Philomathic Associetion)の機関紙「アメリカン・フィロマシック」誌(American Philomathic Journal)に登場した。この雑誌はルイスのことを、ニューヨーク心霊研究会の元会長であり、コロンビア科学アカデミーとメトロポリタン科学協会の講師にしてサイコ・リーガル協会の副会長であると紹介した。

アメリカン・フィロマシック・ジャーナル

アメリカン・フィロマシック・ジャーナル
1912年10月号

フィロマシック学会

 ルイスがフィロマシック学会とどのような関係を維持していたのかは謎である。この組織の主たる目的は研究者の交流を図ることであり、19世紀初頭に現れた数多くの研究団体のうちのひとつであった。最初のフィロマシック学会は、農学者でフリーメーソン団員であったオギュスタン・フランソワ・ド・シルヴェストル(Augustin-François de Silvestre)の努力によって、1788年12月にフランスのパリ市に設立された。アンドレ・トマ(André Thomas)の書くところによれば、フィロマシック学会は学究的な団体のひとつで、形式は異なるものの、フランス革命以前のメーソン・ロッジからその研究精神を受け継いでいるのだという。フィロマシック(Philomathic)という言葉は、「知識の友」という意味のギリシャ語から来ている。この学会の会員はフィロマスと呼ばれ、「学問と友情」が会員たちのモットーであった。この組織のことを会員は、開かれた集会場所として構想していて、そこでは新しい知識が表明され、学識者の世界に広く知らされるのであったが、それは、「真実と教育の途切れることなく続く輝く鎖を作ること」によってであった。この学会は啓蒙の精神に鼓舞されていて、フランス国内および他の多くの国々で文通者によるネットワークを確立し、急速に発展していった。ラボアジェ(Lavoisier)、ラマルク(Lamarck)、ラプラス(Laplace)、シャプタル(Chaptal)、ゲイリュサック(Gay-Lussac)、アンペール(Ampère)、パストゥール(Pasteur)、ベルトゥロ(Berthelot)といった偉大な研究者が会員であった。

 アメリカの科学者の集会に頻繁に出入りしていたH・スペンサー・ルイスは、フランスのフィロマシック学会と接触したようである。ルイスの書いたものはヨーロッパの科学者、とりわけバラ十字会員たちの注目を集めたということが、最初の伝記に述べられている。そしてルイスはその後フランスのヴェルダン市のフィロマシック学会の名誉会員に選ばれ、1904年にはバラ十字フランス学院(Franco Ecole R. C.)の会員になったと書かれている文献がある。そしてまさにその年に、バラ十字会から“上席役員”(Supreme dignitary)の称号を授与されている。バラ十字に向けてのルイスの初期の歩みに関するこの情報は意外なものである。というのも、通常述べられていることと一致しないからである。このことは、1916年以降は一度も話題にされることがなかった。しかし、フランス錬金術協会の最高責任者で『バラ十字』誌(La Rose-Croix)の編集長であったフランソワ・ジョリヴェー・カストゥロ(François Jolliver-Castelot)宛ての1926年5月14日付けの書簡にルイスは、「私はバラ十字の段位(F. R. C)を認められました。私のこの名誉は、フランスのヴェルダン市の古いバラ十字大学のメンバーの善意によるものです。」と記している。一方で息子のラルフ・ルイスは、父はヴェルダン市のフィロマシック学会の会員であったと何度となく述べている。AMORCは、このフィロマシックという名称を、いくつかの国々で活動を始める際にしばしば使用していたことをここに付け加えておこう。たとえばメキシコでAMORCは、ソシエダード・フィロマティカ(Sociedad Filomatica)という名を使って、その存在を隠していた。

マルティニスト・プロジェクト

 精力的にバラ十字会の再興の準備をしている最中に、ルイスは秘伝主義世界の様々な人物と接触することになった。1913年には、デメトリウス・プラトン・セメラス(Démétrius Platon Sémélas)の秘書をしていたウジェーヌ・デュプレ(Eugène Dupré)と手紙のやり取りをしている。以前に述べたように、カイロ市で「エッセネ派の殿堂」と呼ばれていたマルティニスト・ロッジを指導していたセメラスは、1902年にアトス山の僧院で「オリエントのバラ十字の遺産」を入手したと主張していた。1911年の初頭にセメラスは「バラ十字の志願者」(R. C. Aspirant)という位階の入門儀式を、ラグレーズら何人かのマルティニストに授けている。セメラスあるいはデュプレがH・スペンサー・ルイスと交わした書簡の中で、バラ十字思想について言及していたかどうかはわからない。というのも、1913年7月23日付けの書簡一通のみしか残っていないからである。書簡におけるデュプレの調子からすると、二人は友人であったことが見てとれる。この手紙では、マルティニスト思想(訳注:フランスの18世紀の神秘家ルイ・クロード・ド・サンマルタンの思想)の話題のみが取り上げられている。デュプレがロンドン経由でルイスに送った書簡には、マルティニストの儀式に関する書類と「S. I.」 や「自由な入門者」の証明書があり、そのためルイスはアメリカで、マルティニスト・ロッジを創設することが出来たとデュプレは記している。しかしながら第一次世界大戦が影響したため、このプロジェクトが成果を結んだのは1934年以降、ヴィクトール・ブランシャール(Victor Blanchard)とジェオルジュ・ラグレーズ(Georges Lagrèze)の協力を得てからであった。

老婦人が訪れる

 1913年12月にルイスは、アメリカにバラ十字会を設立する意思があることを、ニューヨーク心霊研究会のメンバーたちに打ち明けた。この目的のためにルイスは、この冬に開く会合に参加するようにと関係者たちを誘った。そして素描家・画家としての優れた才能を生かして、バラ十字会の復活を公式に発表するための、美しく見事な装飾が施された憲章を作った。会合に集まったのは12人だったが、その誰ひとりとして、名簿に記名することも憲章に署名することも行わなかった。トゥールーズ市でルイスに告げられたことが守られるために、バラ十字会がアメリカで活動を開始したという宣言書を出すのは1915年である。しかし、1914年の暮れには、物事が明確な形になった。

 ニューヨーク心霊研究会でルイスが以前出会っていたメイ・バンクス・ステイシーが、1914年の秋に再びルイスを訪問した。彼女は数年前に教えられた人物がルイスであると、つまりアメリカでバラ十字運動を復活させるために、共に働くことになる人物であると認識していたのだろうか?いずれにせよ、1914年11月25日、つまりH・スペンサー・ルイスの誕生日に彼女はルイスを再訪し、見事な一輪のバラの花と小さな箱と複数の文書を与えたが、その文書に描かれていた象徴の数々は1909年にトゥールーズ市でルイスが見たものと同じだった。二人は共同で努力して行くことを決め、1914年12月20日にニューヨーク・サンデー・ヘラルド紙に広告を載せ、バラ十字思想に興味を持った人々を勧誘した。ほどなくして2人は、すぐにルイスの親しい友人のひとりとなるソー・キーマレートー(Thor Kiimalehto)と出会うのであった。

AMORCの誕生

 1915年2月8日の月曜日は、重要な日となった。というのも古代神秘バラ十字会(the Ancient and Mystical Order of the Rosae Crucis)の設立を記念する初めての会合が、ニューヨーク五番街の80番地にあるH・スペンサー・ルイスの事務所で夜の8時30分に開かれたからである(現在では、バラ十字会AMORCという名称のほうが一般によく知られているが、これはこの会の伝統的な呼び名と、その正式名称の頭文字を一緒にしたものである)。 そしてルイスがこの会の最初の会合についての様々な事実を書き留めていたノートを見ると、出席者は9人で、ルイスの2番目の妻マーサ・ルイス、メイ・バンクス・ステイシー、ソー・キーマレートー、コルゲン氏(Mr. Colgen)、ローリア氏(Mr. Loria)、ミス・バーク(Miss. Burke)、クロスマン氏(Mr. Crossman)、シアーズ大佐夫人(Mrs. Col. Sears)、そしてルイス本人であった。これらの人々により、この会を運営するための委員会が構成された。

 この会合に続き、H・スペンサー・ルイスとソー・キーマレートーは『バラ十字アメリカ宣言第一号』(American Pronunziamento Number One)と題する文書を発行し、AMORCが公式に活動を開始したことを宣言した。

バラ十字アメリカ宣言第一号

バラ十字アメリカ宣言第一号
1915年2月

 数日後、ニューヨーク・グローブ紙(the New York Globe)がこのことに関する記事を掲載すると、会の秘書役であったキーマレートーは、バラ十字会に興味を持った人々から数百通の問い合わせの手紙を受け取ることとなった。そのうちの75名が、1915年3月3日にウエスト・エンド・アベニューの近くの西83番街にあるレスリー・ホテルで開かれた説明会に招かれた。そして80名の男女が説明会に集まった。その人々の中には、バラ十字会の目的に好奇心を抱いた多くのフリーメーソン団員や、相当数の科学者や懐疑主義者も混ざっていた。説明会が終わった時、そのうちの50名が会員になることを決意した。続いて別の会合が、ジュリア・セットン博士(Dr. Julia Seton)の指揮の元、エンパイヤー・ホテルでも開かれた。

 1915年4月1日の火曜日、最も活動的な約30名の人々が、ニューヨーク市の7番街に集まったが、この場所はすぐにAMORCの最初のバラ十字会ロッジとなった。この会合で、メイ・バンクス・ステイシーは、インドを旅行したときに受け取った複数の文書を厳かにルイスに手渡した。次に、バラ十字会の管理組織である最高本部評議会が結成された。そして総括グランドマスター兼統領が選出された。メイ・バンクス・ステイシーの意向に賛同して、H・スペンサー・ルイスが満場一致でこの役職に選任された。そして次に、会合の出席者は、1913年の冬から1914年の間に準備された啓蒙憲章(illuminated charter)に署名をした。1915年4月1日付のこの文書は、AMORCの誕生と、アメリカのその最高本部評議会の権限を宣言するものであった。この組織には、その創設者の影響が印されてはいるが、無数に多くの協力者の働きによって、H・スペンサー・ルイスの初期の努力が支えられたことを、ここに強調しておく必要があるであろう。多くの関係者の中には、次のような人物がいた。マーサ・ルイス、キーマレートー、アルフレッド・サウンダース(Alfred E. Saunders)、ウィリアム・ホッドビー(William B. Hodby)、ジョージ・ロバート・チャンバース(George Robert Chambers)、コンラッド・リンドステッド(Conrad H. Lindstedt)、アルベール・B・ブラサード(Albert B. Brassard)。

※上記の文章は、バラ十字会が会員の方々に年に4回ご提供している神秘・科学・芸術に関する雑誌「バラのこころ」(No.115)の記事のひとつです。

 

横罫線

もしあなたが、宗教とは別のところに、
人生の根本的な疑問に対する答え、重要な選択や判断を誤らずに行なう方法、心と体の癒し、宇宙意識に達する道をお探しであれば、下記のキャンペーンにお申し込みください

バラ十字会の神秘学通信講座「人生を支配する」の1ヵ月分の教材と、季刊雑誌「バラのこころ」を無料でお届けさせていただきます。

創立39周年記念キャンペーンを開催中。バラ十字会の神秘学通信講座「人生を支配する」を1ヵ月間無料体験できます